育毛剤ルプルプ

購入前に育毛剤ルプルプ(LPLP)の特長をチェックしよう!

育毛剤ルプルプ(LPLP)の特長は以下の点です!

 

医薬部外品に認定された効果が認められた育毛剤
●育毛業界で話題の成長因子FGF-7が配合され、育毛効果がしっかり期待できる
●効果は他の育毛剤レベルを期待できるのに他よりも格安!
●清酒で有名な宝ホールディングスの傘下企業と共同開発されたブランド育毛剤

 

医薬部外品に指定された育毛剤は数多くありますが、1本1万円近くしてしまいます。育毛剤ルプルプ(LPLP)は定期便だと初回は大幅値引きでなんと980円で始めることができます。(2回目以降は割引率が下がります。詳細は公式サイトでご確認ください)

 

育毛剤ルプルプ(LPLP)は医薬部外品育毛剤の初心者の方、低価格で試してみたい方に特におすすめの育毛剤です。

 

特許取得!毛髪成長因子が450%UP《ハイブリッド育毛》

 

LPLP(ルプルプ)は他の育毛剤とどこが違うの?

 

それぞれの育毛剤の謳っている効果は様々ですが、多くの育毛剤は、特に薄毛を促進する5αリダクターゼという酵素の生成を抑制する成分を中心に開発されてます。つまり「脱毛予防」に力を入れています。それに対して育毛剤LPLP(ルプルプ)は髪の成長因子FGF-7に働きかけ、毛母細胞の増殖を促進することで毛髪を伸長させ、毛髪の成長期を維持させます。つまりより「育毛促進」に注力した育毛剤ということができるでしょう。

 

しかも!さらに天然由来の4つの美髪成分を加え、そこにミネラル成分を多く含む海洋深層水を加えた贅沢な育毛剤がLPLP(ルプルプ)なのです。

 

育毛剤LPLP(ルプルプ)の効果はいかほど?

育毛剤ルプルプ効果
育毛剤と呼ばれる商品には医薬品と医薬部外品があります。

 

また育毛商品で化粧品に分類されるものもありますが、こちらは育毛剤とは呼べません。

 

医薬品は医師や薬剤師などの処方により受け取ることができ、効果が強いものとなっています。

 

その分副作用リスクがあるので気をつけなければならない点です。

 

一方で医薬部外品の育毛剤は医薬品ほどの効果はありませんが、厚生労働省から効果として「育毛、発毛の促進」が認められた成分が配合されています。

 

実際に医薬部外品育毛剤の効果を検証したビフォーアフター画像も数多く存在します。

 

薄毛との戦いは一時的なものではありません。長期的な医薬品投与による副作用を気にしなくてすむのは医薬部外品育毛剤なのです。

 

育毛剤ルプルプ(LPLP)は厚生労働省に認められた医薬部外品の育毛剤です。安心してお試しください。

 

松竹梅とips細胞と育毛剤のおしゃれな関係?

突然ですが、清酒「松竹梅」で有名な宝酒造(現:宝ホールディングス)には、タカラバイオ(株)という関連企業があるのをご存知でしたか?タカラバイオ(株)は、遺伝子工学技術を中心としたバイオテクノロジーに強みがあり、かのノーベル医学生理学賞受賞者、山中伸弥教授が所長を務める京都大学ips細胞研究所と共同開発を行う目下株価急上昇中の遺伝子工学研究企業なんです。でも、それが何か???

 

はい、実は、このタカラバイオ研究所は1980年代からガゴメ昆布に多く含まれる食物繊維「フコイダン」の科学的構造と機能性について研究してきました。そして2010年8月、この「フコイダン」に、とりわけ優れた育毛効果があることを解明、育毛に関する特許を取得したのです!(特許番号3831251)

 

そして、そのタカラバイオ研究所が「フコイダン」を用いた育毛剤の共同開発のパートナーとして選んだのが、女性用エイジングヘア・ケアの分野で幅広い商品ラインナップを持つ株式会社Jコンテンツ。そして二社が共同で開発したのが、この育毛剤LPLP(ルプルプ)というわけです。

 

ガゴメ昆布「フコイダン」の育毛効果に業界が騒然?!

 

昆布が髪に良いということは誰でも知っていますね。それは昆布に含まれる「フコイダン」の優れた保湿力と驚異的な免疫力・自己修復力によるのだとか。「フコダイン」は皮膚の表面に薄いヴェールを作り、肌を乾燥から守ることができるのです。
そして近年の研究により新たに明らかになってきたのが「フコイダン」の育毛効果!「フコダイン」には毛母細胞の増殖を促進し、毛髪を新調させる作用があります。
そこで昆布の中でもとりわけ「フコイダン」を多く含むといわれるガゴメ昆布(日本では北海道南部や下北半島沿いの海洋に生育)に注目したというわけです。